もしかしたら発達障害かもと思ったら病院へ|子供の未来を守る為に

レディ

溜め込む前に受診を

ウーマン

育児ストレスで悩んでいる方は、そのこと自体を悪いことと考えてしまうことがあります。決してそのようなことはありませんので、安心して精神科等を受診しましょう。また受診の際は、夫婦や家族で一緒に受診できると、より効果的です。

詳しく見る

早めに心と体を休ませる

複数の人

ストレスは自分でも気づかないうちに溜まります。体に異変を感じるほどストレスが溜まっているのであれば、一度病院でストレス診断を受けてみましょう。心療内科などで診断書を書いてもらうと、休業が認められる場合があります。ストレスは深刻な病を引き起こす原因でもあります。早めに心と体を休めることが重要です。

詳しく見る

労働者の健康を守るために

医師

一定規模の事業所で義務付けている産業医は、労働者が安全に健康で働けるように見守っています。専門知識が必要で心療内科や精神科の医師が多いとされています。労働者の健康に問題がある場合は事業者に報告する義務がありますが、具体的な病名などはいう必要はなく、面談の際には守秘義務について伝えておきましょう。

詳しく見る

社会の中で生きるために

医師と患者

サポートが必要

発達障害という言葉を、最近はテレビなどで耳にする機会は多くなってきました。一言で発達障害と言ってもさまざまな種類があり、その症状の現れ方は個人によって違います。一目見ただけで発達障害だと判断できることはほとんどありません。現在は自治体などのサポートなどがあり、小さな子供の頃に診断されることが多くなりました。診断された子供を育てている親の中には、自分の育て方が悪かったのではないかと思ってしまう方がいますが、親の育て方が悪いわけでもなく遺伝があってなるわけでもありません。初めは戸惑いを感じることも多くありますが、発達障害と診断されても自治体などのさまざまなサポートを受けていくと、子供本人も成長をしできることも多くなっていきます。

さまざまな症状がある

発達障害と一言で言っても、種類は多く症状の現れ方は個人によって全く違います。人とのコミュニケーションが苦手な方や落ち着きがない方、計算などが苦手な方などさまざまな症状があります。現在は発達障害という言葉が広がり、情報を手に入れやすくなったため小さな子供のうちに分かるようになっていますが、何かおかしいと感じながらも大人になり、社会に出てから判明するという方が、現在は多くいます。小さな子供のうちに判明すると、療育などのサポートを子供のうちに受けることができます。療育では人との接し方や、小さな物の扱い方など生活に必要なことを多く学ぶことができます。発達障害という言葉は知られてきましたが、残念ながら現代社会は発達障害の方が生活し辛いものです。療育は少しでも生活しやすいように支援をしてくれるものです。

オススメリンク

  • ストレスフリー推進室

    ストレスがキラーストレスになる前にその理由を調べてみるといいでしょう。心のモヤモヤを退散させることができますよ。
  • Stress Reduction

    親が信じてあげることが重要になります。育児でストレスを抱えたくないと考えているならコチラを確かめておくようにしましょう。