早めに心と体を休ませる|もしかしたら発達障害かもと思ったら病院へ|子供の未来を守る為に

もしかしたら発達障害かもと思ったら病院へ|子供の未来を守る為に

ドクター

早めに心と体を休ませる

複数の人

溜め込まず医師の診断を

ストレスという言葉はとても良く耳にします。ストレスが原因で日常生活が困難になったり、仕事をする上で支障が出たりした場合にはどうしたらよいのでしょうか。このようなときには病院を受診し、ストレス診断をしてもらうことがいいでしょう。なぜなら、ストレスというのは自分では気づかないうちにかなり溜まっていることもあります。ストレスを溜め込んだままだと、うつの症状が出たり、他の重大な病の原因にもなるのです。そのために、ストレスが溜まっているときには深刻な症状になる前に身体を休める必要があるのです。しかし風邪やケガと違い、ストレスだから会社を休ませてくれと言っても、認めてはもらえないでしょう。ですから病院でのストレス診断が重要になってくるのです。朝起きられない、会社へ行く気が起きない、吐き気、イライラ、自殺願望、食欲不振、不眠、気分の落ち込みなどがストレス診断で聞かれることです。これらの症状が2週間以上続いているようなら、ストレス診断を受けに病院へ受診することをおすすめします。

診断書が大きな力

ストレス診断は、心療内科などの病院で受けることが出来ます。そこでストレスが溜まっていると診断されれば、診断書を書いてもらい会社に提出することが可能になります。病院には心療内科、精神科、神経科があります。一般的にイライラなどの心の症状の場合には精神科、手足の震えなどの身体の異常の場合には神経科を受診します。どちらか迷ったときには心療内科でもいいでしょう。通うにあたっては、なるべく家から近い病院を選ぶことが大切です。ストレスの症状はさまざまで、時には通院が苦痛になることもあります。そのために通いやすい場所を選ぶ必要があるのです。ストレス診断を受けて休養の必要ありといわれても、診断書がなければ会社は休業を認めてはくれないでしょう。客観的な証拠となる診断書を医師に書いてもらうことで、休業の許可が下りやすくなります。ストレスは決して放っておいていいものではありません。自分で発散するのが一番いいですが、もし溜まってしまった場合はストレス診断を受けてみるようにしましょう。