労働者の健康を守るために|もしかしたら発達障害かもと思ったら病院へ|子供の未来を守る為に

もしかしたら発達障害かもと思ったら病院へ|子供の未来を守る為に

ドクター

労働者の健康を守るために

医師

事業所に配置される専門医

会社などの事業を営む場所で、労働者の健康管理などを指導したり相談に乗ったりする医師のことを、産業医といいます。産業医は一定の規模以上の事業所では必ず設置しなくてならないと、労働安全衛生法で義務付けされています。産業医は医師であるならば誰でもなれるわけではなく、労働者が職場で安全に働くことが出来るかを判断できるような、専門知識を持っていなくてはなりません。専門分野は特に決まってはいないのですが、心療内科や精神科を専門とする医師が担当することが多いとされています。産業医の職権としては、労働条件の悪化や労働者の体調によって、必要であればドクターストップをかけることが出来、それによって社員の健康を守っています。もし事業者がこれを無視して働かせようとする場合は、法律違反で罰せられることになるのです。

誰の味方でもない仕事

産業医というと社員の味方と考える人も多いようですが、そうではありません。社員の味方でも事業所の味方でもありません。中立的な立場をとっているというわけでもないのです。職務はあくまで人の生命や健康を守るということで、それに違反していないか見守ることが仕事なのです。よって体調の変化に気づくことはできますが、それを治療することは出来ません。労働者は、産業医に治療をした方がいいのかアドバイスをもらうことが出来ます。また、職場環境の相談をすることもできます。しかし産業医は、同時に労働者に健康上の問題などが見つかった場合は事業者に報告する義務を持っています。こうしたことから、相談すること自体を不安に感じることがありますが、具体的な診断名や検査数値、パワハラなどの当事者名など守秘義務にあたる部分は報告する必要はないとされています。産業医との面談の場合は、自分にとって黙っておいてほしいことはきちんと伝え、守秘義務を行使してもらうようにしましょう。